読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が選ぶ!2016年音楽総まとめ! No.21

2016年音楽総まとめ 音楽

私がCDJに3日間行っていたので更新が滞っていましたがこれから連投していきます。

 

あと3曲です。

 

 

私の原点とも言えるバンド、今年は積極的に活動していました!

 

コメット / スピッツ

 

極力公式の動画がある曲を探していたのですが、『コメット』はないのですみません。

 

『醒めない』というアルバムを7月に発売したスピッツ。このアルバム、とにかく素晴らしい。

スピッツ「原点回帰」とも言えるアルバム。『チェリー』が1番有名なので、アコギを持ってゆったり歌うバンドというイメージを持たれがちだが、彼らはれっきとしたロックバンドなのである。

1枚を通して、結構ゴリゴリしたロックがある印象を持つ。『グリーン』とか『ハチの針』とか。

 

そんな中でピアノが美しい2大曲、『ヒビスクス』と『コメット』。

どっちが好きかは人によって違うようですが、私は『コメット』が一番好きなので紹介します。

ちなみに『コメット』って金魚の種類らしい。私はてっきり「ほうき星」の方だと思っていた。ピアノの澄んだ音が宇宙っぽいなと思っていたら違ったようだ笑

 

「『さよなら』ってやだね 終わらなきゃいいのに」

「『ありがとう』って言うから 心が砕けて」

抽象的で歌詞の解釈が難しいスピッツ、時々直球の歌詞を投げてきて、それが心に刺さる。

例えば、「まだ歌っていけるかい?」(雪風

「夢のかけらはもう拾わない」(SJ)

など、このアルバムにはところどころそういう歌詞が出てくる。

 

 

アルバムの話をすると、1曲目『醒めない』の「覚えていてくれたのかい?」で始まり、最後の『こんにちは』「また会えるとは思いもしなかった」で再び挨拶。この、懐かしい誰かに偶然会ったような感覚が好きだ。

この絶妙な距離感がスピッツの持ち味なのかもしれない。近すぎず遠すぎず、どこか優しくてあたたかくて安心できる。

 

私個人的には今年一番ループしたアルバムかもしれない。

 

とりあえず『醒めない』だけでも貼っておきます。

 

 


スピッツ / 醒めない