読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が就活生に贈るプレイリストを作るなら。

先日、急に思い立って、『闘いのプレイリスト』というプレイリストを作ってみました。

今1番厳しい時期を過ごしているであろう多くの就活生の皆さん、音楽は聴いていますか?音楽はきっと助けてくれますよ。

かくいう私も実は大学4年生でして、まさに就活の波に揉まれています。私には音楽という癒ししか存在していないと言っても過言ではありません。うーん、ちょっと盛ったかも。

そんな私が作ったプレイリスト、コンセプトは闘う人の背中を押す曲。

このプレイリストは約60分と、だいたいの移動時間分くらいです。

背中を押してくれるような、元気をくれるような曲を集めてみました。

「全然曲知らんわ」って思っても、騙されたと思って聴いてみて!

 

別に就活生ではないよって方でも、何かに立ち向かわなければならない時にきっと心の支えになってくれるような曲たちだと思います!それでは!

 

基本的にYouTubeの動画を貼っておりますが、Short ver.の曲も多いのでご了承ください。そして全てiTunes Storeにもあるので、もしよければ買うなり、CD借りるなりして聴いてもらえると嬉しいです。

 

 

1. PLAYER PRAYER / SAKANAMON

「いきなりお前の趣味やんけ」と思われそうですが、これは本当に良いんですよ。とにかく聴いてみてください。話はそれからだ。


SAKANAMON - PLAYER PRAYER 【YouTube限定MUSIC VIDEO】

 

 私はSAKANAMONの曲に本当に救われています。このプレイリストを作る時もどの曲を入れるか迷いましたが、やっぱり直球応援歌のこの曲を。

結構グサグサと刺さる歌詞が多いんですよ、例えば…

自分に見定め付いちゃって 勝ち目が無いと分かってても

期待をせずにはいられないだろう

でも最後にこう歌うんです。

見たくない世界なら閉ざして  今は悩まない様に 今は迷わない様に

変わらない様に 変わらないでくれ

 周りに流されないで、自分を持っていて。良いところを失わないで。私が普段思っていることなんですよね。就活だからといって、今まで積み上げてきたものを否定しないで。もっと自分を大切にして。

 

 

2. DAY x DAY /BLUE ENCOUNT

いけーっ!!!


BLUE ENCOUNT 『DAY✕DAY』<Trailer Video>

 

疾走感溢れる、力漲るロックンローーール!!!!

誰かの「生き方(走り方)」真似したってさ 転んで怪我をして虚しいだけ

そうだよ 本当の敵はきっと 自分(僕)の形をしているんだろう

負けるな!!進め!!

1番の敵が自分、まさにその通りだと思います。熱さがちょうどいい。

 

 

3. もっと遠くへ / レミオロメン

2008年、オリンピックのテーマ曲になった曲。


レミオロメン - もっと遠くへ(Music Video Short ver.)

 

私はこの曲で大学受験も乗り切りました。

諦めないで その心が決めた道を走り抜けて

レールに乗っかったって、無限に広がる自由に挑んだって良いんです。

この曲を聴くと、自分の決めたことを信じるのは、実現できるのは自分しか居ないんだっていう、当たり前だけど大切なことを再認識させられます。

 

 

4. Changes / Base Ball Bear 


Base Ball Bear - changes

 

 今まで、というか、基本的に応援ソングを選ぶときに、私は「そのままの自分でいいんだよ」というメッセージのこもった曲を選ぶ傾向にあるのですが、変化が必要な時もありますね。そういう時に聴きたくなるのがこの曲。

changes さぁ 変わってく 失うものもある

でもいいんです ひとつ頷き 駆け出す

誰のものでもない新しい自分を見つけに。

 

 

5. 才悩人応援歌 / BUMP OF CHICKEN

公式にないので動画は割愛します。『orbital period』収録曲。

うーん、どこを切り取っても刺さるなあ。「死にたくなるよ なるだけだけど」、初めに聴いた時びっくりしました。「死にたくなる気持ち」って他に表現のしようがないですよね。等身大の人間を描く藤原さんの歌詞は今も昔も変わらない。

得意なことがあった事 今じゃもう忘れてるのは

それを自分より得意な誰かが居たから

世界のための自分じゃない 誰かのための自分じゃない

得意な事があった事 大切な夢があった事

 大人になるって残酷だ。でも夢とか好きなこと、得意なことはどうか無くさずにいて。

 

 

6. らしさ / SUPER BEAVER


SUPER BEAVER「らしさ」MV

 

「自分らしさってなんだ?」

誰しも一度は考えたことのあるであろう問い。

僕は僕らしく そして 君は君らしくって

始めから探すようなものではないと思うんだ

ずっと頷きながら聴いてしまうくらい、私の思考回路と一致していて大好きになりました。「変わらない大切」を忘れずに、生きていきたい。別に飾らなくたって探さなくたって、今そこにいる自分が自分なんです。流されるな。無理に変わらなくたって、大丈夫。

 

 

7. 最後までⅡ / Aqua Timez

これも、もはや私の人生のバイブルみたいな曲。


Aqua Timez 『最後までⅡ』MV

 

自分の力で叶えられるかもしれないことを

神様にお願いしちゃダメだよ

自分の人生は自分のもの。親や親戚や友達のものではないんです。他人任せにしたって、誰も責任はとってくれない。

最後の歌詞が、まさに「追い風」のように背中を押してくれる曲です。

 

 

8. 渦と渦 / NICO Touches the Walls

走れーーっ!!!


NICO Touches the Walls 『渦と渦』(Short Ver.)

 

NICOと一緒に戦っている気分になれるような、力強い曲。

険しい道のり 裏切られっぱなし 作り笑顔もサマになり

でも胸のどこかで 鳴り止まない叫び声 

「正しく生きてみたいんだよ!」

この歌詞、どうですか?思い当たる節ありません?

うまくいかないことだらけですよね。でもまだまだ負けられない!!

話は逸れますが、4月にライブを観た時、光村さんが「好きなことで生きろよ!」と言っていて、ものすごく救われたような気分になりました。憧れの方です。

 

 

9. 拝啓、いつかの君へ / 感覚ピエロ


感覚ピエロ「拝啓、いつかの君へ」6th MV (ドラマ「ゆとりですがなにか」主題歌)

 

ハッとするような歌詞。「あんたの正義は一体なんだ?」

手探りで、まだ全く実態のない未来を思い浮かべている若者の心にシンクロする歌詞だと思います。

あんたの正義にどこまで覚悟があるかは知らないけど

黙って 黙って 見てなよ

理解されなくてもいい 今はまだ何も見えなくても

 

「あんたの正義に覚悟はあるのか?」

 

 

10. city / [Alexandros]


[Alexandros] - city (MV)

 

これは東京をはじめ、大きな街に行くと必ず想起される曲なんですよね、個人的に。

都会の冷たさがどことなく表れていて、これがまた若者の漠然とした不安と重なる。

ここはどこですか 私は誰ですか 

このフレーズはこの曲の中でもかなり耳に残る歌詞だと思います。

 

君は何を言いたくて この街に居座ってんだろう

この歌も捨て 自らの言葉と身体で生きていけ

こういう書き方をすると怒られそうですけど、[Alexandros]がこういう歌を歌うと、説得力が10倍増しですよね。彼ららしい。

余談ですが、このバンドは4人とも社会人経験があって、会社勤めをした後に活動を本格化させ、今じゃ幕張メッセ2daysだのフェスの最大ステージだのを成功させてるんですよね。そういう生き方もすごく好きです。自分の思うままに、やりたいことを。

 

 

11. HEROES / Brian the Sun 


Brian the Sun 『HEROES』Music Video

  

揺れている僕は存在意義を暗闇で探している

HEROES』というタイトルですが、描かれるのは別に完全無欠のヒーローではありません。

まだまだ遠くにある夢を追う人間を一人称で歌う曲。

転んだっていい 泣いたっていい いつかその全てが花になるから 

夢が叶うことを信じて、どんな困難にも立ち向かう主人公を自分と重ねて聞いてしまいます。

 

 

12. Funny Bunny / the pillows


the pillows / Funny Bunny

 

キミの夢が叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで 走ってきた

飛べなくても不安じゃない 地面は続いているんだ

好きな場所に行こう キミなら それが出来る 

歌詞に一耳惚れしたくらい、大好きです、この部分。うまくいかなくても、大丈夫だって諭してくれている気がします。

 

もういい加減わかってきたんですけど、私は自分の努力を肯定してくれるような、自分の好きなように生きることを後押ししてくれる曲が好きなんですね。

 

 

13. どんなときも。/ 槇原敬之

ここで唐突にぶっこまれる懐メロ。ですが、懐メロと侮るなかれ、誰の心にも響く曲ですよ。


槇原敬之 - どんなときも。

 

”昔は良かったね”と いつも口にしながら

生きて行くのは 本当に嫌だから

この歌詞はいつも心に留めて生きているつもりです。常に今が最善であれ。

 

おそらく多くの人が耳にしたことのあるであろう音楽ですが、改めて歌詞を見ながら聴くと、どんな年代の人にも当てはまるというか、どんな人も大切にするべき歌詞だと思うんです。

どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために

「好きなものは好き!」と言えるきもち 抱きしめてたい

どんなときも どんなときも 迷い探し続ける日々が 

答えになること 僕は知ってるから

こうやって生きていたい。好きなものは好きと言いたい。実はそんな気持ちでこのブログも作ったのですよ。

 

 

さて最後は、いつも私が「勝負」の前に聴いている曲で締めましょう!

 

 

14. 雨天決行 / sumika


sumika / 雨天決行【Niwa cinema ver.】

 

やめないやめないんだよまだ 心は嬉しがっている

やめない殺れないんだよまだ 足は動きたがっている

やめないやめないんだよまだ 目を開いたままで見る

覚めない枯れない夢の中で

アクセルを踏んでくれるような曲です。 まだ終われない。やめられない。諦められない。そんな夢に向かわせてくれる曲。雨が降ったって、行くしかないんです。

私にとって大切な曲です。この曲に出会えて、本当に良かったと感謝しています。

 

 

 

14曲、紹介してきました。

とにかく「自分を大事に」「夢を捨てるな」と言ったメッセージの詰まった曲が好きだという私の趣味思考が色濃く表れましたね。

 

でもこれは本当に私が常に周りの人を見ていて思うことです。もっと皆、自分を大切にしてほしい。私からみればすごく魅力的な人たちが、就活でその個性を無にしているのを感じるとやりきれない思いになります。あんなにやりたいこととか夢とかあったのに、そんなに簡単に流されて、諦めないでよと思います。それが大人になるということなら私は一生大人にならなくていい。自分の人生は、自分のものなんです。私はやりたいことをちゃんとやりたい。

 

話を元に戻すと…そうですね、きっとそういう曲ばかり聴いているから良くも悪くも今の私があるんだなと今日に納得してしまいました。

私には大学入った時くらいにぼんやりとした夢があって、生活するにつれてその夢は次第に目標になっていった気がします。

音楽をもっと多くの人に楽しんでもらいたい。好きになってもらいたい。そのために、音楽業界に関われる仕事をしたい。これが私の夢であり目標です。

なかなか叶えるのは大変なんですけれども、ここに紹介した曲や、紹介しきれないたくさんの、大切で大好きな音楽と一緒に、頑張ります!!今すぐには叶えられなくても、回り道しても、いつか絶対に叶えられると信じています。

 

それでは今回はこの辺で!最後まで読んでくださりありがとうございました!