読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分でわかる!私流GarageBandを使った同期音源の作り方!

音楽

こんにちは!

今回は、私が時々作っている同期音源の作り方を解説してみます!

 

同期音源の作り方、結構よく聞かれるのですが、私の説明が下手すぎるのか用語が難しいからなのか、大抵腑に落ちないような反応をされるので、文章で解説します!誰でもわかる説明を心がけますので、ぜひ気になる方は読んでみてください!

 

 

 

 

 

まず、同期音源とはなんぞや?

同期音源を使った演奏というのはどういうものなのかというと、

あらかじめ作っておいた音を流しながら、それに合わせてバンドなり何なりで演奏する形のものになります。

 

例えばこんな曲…

 


[Alexandros] - Kick&Spin (MV)

 

[Alexandros]『Kick&Spin』という曲なのですが、この曲の出だしの、シンセっぽい音とか。明らかにメンバーが演奏しているわけではない音が聴こえるのですが、こういうのは同期音源を使うことで補っています。(多分)

 

あとはこれも!『Girl A』という曲。

 


[Alexandros] - Girl A (MV)

 

かなりのアーティストさんがこうやって同期を使っていると思われます。

 


SAKANAMON - マジックアワー 【MUSIC VIDEO & メイキング】

 

上の動画はSAKANAMON『マジックアワー』という曲ですが、これもかなりわかりやすいですね。

 

簡単に言ってしまえば、「バンドメンバーやサポートメンバーが鳴らしていないのにどこからか鳴っている音」が同期音源です。

「バンドメンバーでは音数が足りなくて薄くなってしまう」

「速いストリングスなど、いくらキーボードでもこんな動きはできない…」

「ボカロ曲のように、人間ではどうしようもない演奏技術が求められる」

こんな時に同期音源があると曲が形になりやすく、クオリティーも上がります!

 

 

「でもこんなの、プロとか、プロじゃなくてもガチで音楽やってる人じゃなきゃ無理でしょ…?」

そんなことないんです!実は、作ろうと思えば、結構簡単にできます

必要なのは、根気と慣れ!(と後に紹介する道具。)

それでは解説していきます!

 

 

 

 

 

同期音源を使った演奏って、どういう仕組みになっているの?

私が普段作っている同期音源は、ドラムの人がイヤホンをしてカウントを聞きながら演奏し、それに他のメンバーが合わせるというタイプのものです。

 

どういうことかわかりやすく説明しますね!

 

まず、観客側にはカウントの入っていない、いわば同期の完成形を聴かせています。

ストリングスやシンセサイザーなど、音楽ソフトを使って打ち込んだものをそのまま、観客側に流しているんです。だから特に違和感もなく音楽が聴こえているはずです。

一方、ドラムの方には曲のテンポに合わせたメトロノームのようなカウントを入れた音源が流れるようにします。

同期音源と演奏がずれてしまうと曲として成立しなくなってしまうので、リズムの要であるドラムの方にはこのカウント(クリック音とも言います)を聞いて正確に叩けるよう練習してもらいます。ドラマーは頑張れ。

そうそう、ドラムの方はイヤホンをして叩く形になりますね。

 なぜイヤホンをして叩かなければならないのか?同期の音自体を聴けばいいんじゃない?

と思うかもしれませんが、スピーカーから音が出て、自分の耳に入ってくるまでには時間がかかるのです。そのため、ドラムのところに座って同期の音を聴きながら叩くと、観客に聴こえる同期とバンドの演奏にタイムラグが生じてしまう可能性があります。このタイムラグを埋めるためにクリック音を使って演奏してもらうのです。

 

ドラム担当の人が同期音源を作るのが1番良いと思います。強要はできませんけどね。

自分が聞こえやすいクリック音に調整できるし練習もしやすいので、ドラマーの方には是非頑張っていただきたい…。ちなみに私もドラム担当です。

 

話が少し逸れましたがまとめましょう!

【同期音源の仕組み】

①観客側に完成形の音源を流す!

②ドラマーの方にクリック音が鳴るようになっている音源を流す!

③ドラマーはイヤホンをしてクリックを聞きながら正確に叩き、それに他のメンバーも合わせる!

④同期と演奏が噛み合って、音の厚い演奏ができる!!

 

 

 

 

 

どうやって同期音源を作るの?

私の完全なる独学と試行錯誤の結果なのでもっといいやり方はあるかもしれませんが、とりあえず私がいつもやっている方法を紹介します!

 

まずは音楽ソフト!

私は普段からMacBook Airをを愛用しているので、Macに初めから搭載されているGarageBandという音楽ソフトを使っています。勿論、普通に買うこともできます。

とにかく、まず1つ音楽ソフトを手に入れるところからです。

私はGarageBand以外はやったことがないので、ここではGarageBandで音源を作るということで話を進めていきます。でも他もそんなにそう大きく違わないのではないかなと思っています。 

いやーでもこれが無料で入ってるMacはやっぱり最強だと確信しますね!!

 

f:id:shinjumaru:20170214000849p:plain

 

GarageBandはこんな感じです!準備OK!!

 

打ち込んでいこう!!

ソフトが準備できたら必要な音を打ち込んでいきます!

譜面に沿ってでも良いし、アレンジを加えても良いですね◎

テンポを設定し、使いたい楽器を選んで、録音したり手動入力したり、やりやすい方法で曲を作っていきましょう。

こういう時にシーケンサーみたいな外付けキーボードがあると便利なんですよね。

私は持っていないのでPCのキーボードで地道にぽちぽちやってます…。

 

結構音を見つけたり作ったりするのが大変なんですよ…。GarageBandは楽器やシンセも勿論多様なんですが、エフェクターもかなりいろいろ搭載しているので、そういったエフェクト関係もいじり始めるときりがなくてですね…。でも理想としていた音が見つかった時の嬉しさは尋常じゃない!

 

ちなみに下の写真は、私がつい最近まで制作していた同期音源の一部です!

  

f:id:shinjumaru:20170312122554j:plain

 

隠れてしまって見えませんが、ここには音が15種類くらいあります、実はこれに収まりきらない、というか、これ以上音とエフェクター諸々を組み合わせるとPCが落ちそうだったので、さらにGarageBandのファイルを何種類か(録音やコーラス、エレキギターなど )立ち上げ、分けて入力した後に1つの音源にまとめました。結局20以上は音があったと思われますね。大変でした。

横にこっそりメモ帳機能がついてるんですが、長い曲だとここに「〇〇小節目からAメロ」みたいなことを書いておけるのでとても重宝します。

強弱もつけられるので、抜かりなく調整しておきましょう!

あと、最初と最後は若干余裕を持たせておくことをおすすめします。2小節くらい空けて打ち込み始めるのが良いかと思います。

 

打ち込み終わったら…

「譜面に書いてある音、自分が曲の中に盛り込みたい音は全部打ち込み終わった!」

お疲れ様でした!これで作業の8割方はおしまいです!

でも!実は、この先とても重要な作業が1つあるんです。

それは…

クリック音を入れること!

先ほど説明したように、同期音源を使って演奏するにはドラム担当の人が聞いて合わせるためのカウントが必要不可欠です。ではこのクリック音、どうやっていれたら良いの??

 

ドラム用カウントの入れ方!

音楽って、左右で流れているものが異なっているのをご存知ですか?

イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くことをイメージしてもらえればわかりやすいかと思いますが、実は左右で音量バランスや鳴っている楽器が違うんです。

ピンとこない方は下の曲を聴いてみてください!米津玄師『ゴーゴー幽霊船』

 


米津玄師 MV『ゴーゴー幽霊船』

 

右と左で聴こえるボーカルの声や楽器の音量が違うのに気付きましたか?

あとはAqua Timezの『Velonica』とかNICO Touches the Wallsの『マトリョーシカ』とかも顕著に違うので、ぜひ聴いてみてください!

 

この「左右で流すものを変えられる」という性質を利用してカウントを入れます!

 

まずカウントが入っていない、打ち込みが終わった音源をMP3など音源として聴ける形に書き出します。GarageBandでは、iTunesで共有ですね。

そこからまた新たに音源ソフトのフォルダを作り、先ほど共有した音源をオーディオという形で追加します。

オーディオの他に楽器(ドラムとかパーカッションが良いです)のトラックを作り、テンポに合わせて4分音符で打ち込んでいきます。これがメトロノーム代わりになっています。音はドラムキットのスネアドラムとか、パーカッションのクラベスなんかが聞こえやすいですかね。小節の頭にアクセントをつけるなどの工夫をしておくと、ドラマーがわかりやすくて助かります。

同期音源が鳴り始めるまでの数小節にもカウントをしっかり打ち込んでおくと良いです。

 

曲の終わりまでしっかりカウントを打ち込み終わったら、左右に音を分岐させます

ボリューム調整のつまみがあるかと思いますので、それをRとLに振り分けます。

自分がわかる方で構わないので、「ドラム側に流すクリック」と「観客側に流す音源」を完全にRLに振ってください。これを振り切らないと、カウントが観客側に聞こえてしまうことがあります。

 

文で読んでもなかなかイメージがわかないと思うので、↓の画像にまとめておきます!

これは私のいつもの方法で、観客側をL、ドラム側をRにしています。また、念のためドラム側にも観客側と同じ音源を、音量を落として流しています。

 

f:id:shinjumaru:20170312143146j:plain

 

 ここまで出来たら再び音楽プレーヤーで再生できる形に落としてみましょう!

イヤホンをつないで、左右でうまく違うものが流れるようになっているか確認してみてください!

 

 

 

 

 

同期音源を流すのに必要な機材

私がいつも使っている機材を紹介します!

類似機材はたくさんあるので、サウンドハウスさん等取り扱っている店舗を見ていただいて、「これだ!」というものを用意していただければと思います。

必要な機材は3つです!

①音楽プレーヤーの音源を分岐させるコード

②クリックの入っていない「観客が聴く音源」を流すためのコード

③クリックの入った「ドラマーが聴く音源」をイヤホンと繋げるためのコード

 

 

①音楽プレーヤーの音源を分岐させるコード

「HOSA(ホサ)/YMM261」というYケーブルを使っています。

www.soundhouse.co.jp

 これを使って観客側とドラム側の音源を分けます。

端子のサイズは3.5mmです。3.5mmのプラグを音楽プレーヤーのイヤホンを挿すところに入れましょう!

このケーブル、どっちがカウントありでどっちがなしなのか、わからなくなってしまうことがあるので、わかりやすい目印などをつけておくことをおすすめします。

 

f:id:shinjumaru:20170312161012j:plain

 

私が使っているのはこういう感じで、ドラム側の方に「Count」と書いたマスキングテープを貼っています。

 

 

② クリックの入っていない「観客が聴く音源」を流すためのコード

「audio technica(オーディオテクニカ)/ATL465A/1.5」というコードです。

www.soundhouse.co.jp

これは写真を見ていただければわかると思います。

 

f:id:shinjumaru:20170312162006j:plain

 片方が3.5mmのプラグ、もう片方が6.3mmのプラグです。片方ずつ大きさが違うのがポイント!

使い方としましては、まず3.5mmプラグを①の観客側の音源を流す方に繋ぎます。観客側の方ですよ!!そして反対の6.3mmプラグをアンプやミキサーに繋ぎます。これで観客側に聴こえる音は流れるはずです!

 

 

③クリックの入った「ドラマーが聴く音源」をイヤホンと繋げるためのコード 

こちらは「HOSA(ホサ)/MHE123」というケーブルです。

www.soundhouse.co.jp

これは単純に、イヤホンの延長コードみたいなもの。3.5mmから3.5mmへ繋ぎます。

音楽プレーヤーとドラマーの位置が離れているとイヤホンが届かないため、このようなケーブルを使うのです。

ここで紹介しているのは7.5mというとても長さの長い商品です。これだけ長さがあれば安心だと思います。

①のドラマー側の方に繋ぎ、さらにイヤホンを繋げば完成です!

 

 

 

f:id:shinjumaru:20170312164516j:plain

 

全部繋ぐと上の写真みたいになります。長すぎる③のコードは割愛してます。

 

これで同期音源を使って演奏する準備は整いました!!Let's play!!

 

 

 

 

 

演奏してみよう!

演奏する時のポイントは、第一にドラムがしっかりとクリック音に合わせて叩くこと!

これができないと曲は成立しません。

そして他の楽器の人は同期音源に合わせるのではなく、「ドラムに」合わせること!

スタジオ規模では問題ありませんが、ライブハウスになるとズレが生じる可能性があります。

 

あとは私の体験談ですが、ドラム担当の人は皆にどう聴こえているのかわからないんですよね。叩いている本人はイヤホンをしているため、曲の完成形を自分の耳で聴くことができません。

なので、ドラマーが同期音源を作った際には、どう聴こえているのか、音量バランスなど改善するべき点はどこか、こういったことを指摘してもらえると助かります。

修正は適宜行って、よりクオリティの高い演奏を目指しましょう!

 

 

 

 

  

応用編!

今回は特別に!応用編も載せておきます!

ここで紹介するのは、

「ドラマー以外の人にもクリック音を聞いてもらう」演奏のしかた!

どういう時に役立つかというと、曲中にドラムが叩かない部分がある曲をやりたい時です。

この方法を使えば、全員がクリック音を聞きながら演奏することもできるはず。

使うのはこちら!

belkinのROCKSTARという「スプリッター」です!

 

www.belkin.com

 

スプリッターとは1つの音楽プレーヤーを複数人で共有して聴く時に使う道具です。

これを先ほど挙げたこの図の…

f:id:shinjumaru:20170312164516j:plain

 

①と③の間に挟んで接続します。

 

f:id:shinjumaru:20170312181152j:plain

本当はイヤホンとスプリッターの間にHOSA/MH123の延長ケーブルがありますが、ここでは割愛してます。

 

こうすると、2つのイヤホンからクリック音を聴くことができます。

このbelkinさんのスプリッターはジャックが全部で5個あるので5人までは共有できそうです。延長するケーブルを手に入れられれば、大人数でも対応できそうですね。

ちなみにこのスプリッターは1700円程度と意外と手頃なお値段です◎

 

実際に先日この仕組みで演奏してみたところうまくいきましたので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

 

 

最後に…

同期音源の制作方法や流し方の解説は以上です!

 

最後に、なぜこんな記事を書いたのかということを少しお話します。

私は一昨年くらいから同期音源の制作を任されるようになったのですが、いかんせん情報量が少ない。まとまって書かれているサイトが少なかったり用語が難しかったり、初心者の人間が挑戦するには少しハードルが高い世界だなと思いました。

私はちょっとくらい難しくても諦めない、執着心だけが取り柄の人間なので、折れずにちょっとずつ、本当にちょっとずつですがわかるようになりました。でもそんな物好きなんて多分少数派です。

同期音源を使った演奏は面白いんです。取り入れる価値は十分にあると思います。だって、憧れのミュージシャンの演奏に近づけたり、自分でオリジナルの音源を作ってSEにしたり、音楽の幅がとても広がるんですよ。

でも「サイト見ても何言ってるのかよく分からない」「なんか難しそうだな…」と踏みとどまってしまう人が多いのではないかなと感じていました。せっかく学生でも、初心者でもできるような方法があるのに、挑戦しないのは勿体無い!

ということで、そうやって「難しそう…」と踏みとどまっている方の手助けになれれば良いなと、自分が未熟ながらも習得してきた方法を記事にして、誰かの音楽活動を豊かにできたら嬉しいなと、こういった形でブログに書いてみました。

 

 大変な部分もありますが、バンドと同期音源がピタリと合った演奏ができた時には感動しますし、達成感も半端じゃないです。

 

ぜひ、同期音源を使った演奏、挑戦してみてください!

私ももっともっと精進していきます!

 

長々と読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

ミクの日ということで、ボカロ【聴いてみた】

日付が変わってしまったので昨日だったのですが、3月9日はミクの日なんだそうですね。私はレミオロメンが1番初めに思い浮かびますが。

 

私は、ボーカロイドという道を通ってきてないんです。

おそらく同年代の方だと、中学生くらいの時にボカロが大流行した時期を経験したと思います。クラスの女子の趣味は、「スクールカースト上位層っていう子たちのジャニーズ派」と「文化系クラブ所属の子が多めの2次元派」に二分され、後者はだいたいボカロにどっぷり浸かった時期があったのではないでしょうか…?これ、男子も結構そんな感じっぽいですね。

私は勿論スクールカースト下位層ですけど、当時からバンドが好きだったのでボカロはあんまり聴いてこなかったですね…。

とはいえやはり流行ってるなという実感はありました。一緒にカラオケに行く友達が誰かしら歌ってましたね。あと私の3つ下の弟はまさしく浸かっている時期がありました。

 

そんなこんなで「ボーカロイド」という文化を知ってはいるという程度の私。

音楽好きを自称しているので、やっぱりいろんな音楽を聴いておきたいなと思いまして、本日はひたすらLINE MUSICに入っているボカロ曲を聴いておりました。

 

なぜLINE MUSICなのかというと、通知で「今日はミクの日!」みたいなのが送られてきたので、きっとプレイリストとか充実してるんじゃないかなと思ったからです。

予想通り、かなりプレイリストが充実していました。すごい…こんなに曲数あるんだ…。だって1つのプレイリストに100曲以上入ってるのもあるんですよ…!!

 

いろいろ聴いてみて(さすがに全部は無理でした)、良いなと思ったものを記録しておこうかなと思います。ボカロの知識は非常に浅いので、「そんなメジャーなやつ挙げるのかよ」と思われる方もいるかもしれませんが、私はどれがメジャーなのかすらよくわかっていないのでご了承ください。あと「うろ覚えだけど人生のどこかで聴いた事あるな」って曲が多いです。14曲。

 

 

 

1. ローリンガール/wowaka(現実逃避P)

wowakaさんという名前を見て「ヒトリエ」というバンド名しか思いつかなかった。私はそっちの人間だから許してください。これは聴いた事あったなあ。いつだろう。

ピアノが綺麗で美しい曲だなあという印象。ボカロって無意味に「死」を主張する、ある種残忍なイメージがあって(多分『カゲロウデイズ』のイメージが強いから?)、

ローリンガール』もそういう歌詞があるけれど、それを凌駕する美しさだと思いました。

 

2. いーあるふぁんくらぶ/ミキト(みきとP)

これは前々から好きで、ボカロ好きな友達とカラオケに行った時用の切り札として持っていた曲。曲中に散りばめられた中国語が可愛らしい。好きなものに対してその背景とかそのものを理解するために頑張っちゃう気持ちがすごくわかるなあ。リア友減っちゃうよね。銅鑼とか、曲そのものにも中国要素が取り入れられている。

 

3. シリョクケンサ/40mP

シンセの激しい動きが面白いなあ、ボカロっぽいと思っていたら、「ザ・ポップス」って感じの分かりやすいサビが来てびっくりした。すごい。どこまでも耳に残る曲。これはGUMIちゃんなのか、すごく人間っぽいなと思った。

 

4.天ノ弱/164

これは弟が聴いてた記憶。確か弟はGUMIが好きだった気がする。

言葉遊び的な歌詞が面白い。反対の言葉を並べた歌詞。そしてBメロで変拍子。サビはすごくわかりやすい。

これだけ要素揃ってるんだから聴かれるわけだよねえ。「天性の弱虫」で「天ノ弱」?

歌詞も深いんだなあ。

 

5. ロストワンの号哭/Neru

さすがに知ってます。好きです。ボカロなのにシンセが強くなくて、むしろバンド感が強い。私も1月のサークルのライブでやりました。昔YouTubeで弾いてみた動画見てかっこいいなと思ったような…。Neruさんは弟が大好きな人で、今日聴いた曲見せたらNeruさんはとにかく推されました。「そもそも大人とは一体全体何ですか?」ね。

 

6. 深海少女/ゆうゆ

曲名は知ってたけどちゃんと聴いたのは初めてかもしれない。これもピアノとストリングスが綺麗で、でもあんまり機械機械してなくて好き。

 

7. 東京テディベア/Neru

カラオケに行った時に友達が歌ってて気になった曲。

兄弟の好みは似るのか。私が選んだ曲の中で作曲者被ったのはNeruさんだけです。これもバンド感が好き。私は転調が大好きなので、サビの前後でガラッと転調するのがツボです。Aメロ前とかラスサビ後に出てくるメロディーラインが短調でどこか懐かしい。

 

8. メランコリック/Junky

これは知ってた。MVがポップでめちゃくちゃ可愛かった記憶。

MVだけじゃなく歌詞も曲もとってもキュート。恋する女の子。

聴いてると自然と体が動いてしまうような、楽しい曲です。間奏で突然かっこいいギターが出てくる。そして最後のサビで転調。素晴らしい。はー可愛い。

 

9. ハッピーシンセサイザ/EasyPop(BETTI)

中学生だか高校生だかの時に創作ダンスで踊らされた曲。

私の中では『メランコリック』と並ぶ可愛いボカロ曲です。これも聴いてると体が動いちゃうね〜。4つ打ち。これも最後に転調するんだよなー。好きです。

 

10. マトリョシカ/ハチ

米津玄師が好きなので知ってます。一時誰とカラオケ行っても1回は入力されてたくらい認知されてた曲だと思う。聴いてると「あ、このメロディーとかリズムとか米津さんだなあ」と気付くところがあって、ハチさん時代と今の米津さんを聴き比べるのもとても楽しい。テンポ変えたり音程をなくしたり、発想が勝ち。

 

11. メルト/ryo

supercellのryoさん作曲。これを初めて見たのがスペースシャワーか何かの音楽番組で、MVだったんだけど、「何この音楽!?」って思ったなあ。まさか機械が歌ってるとは思わなくて、「すごい高音だなあ」と。機械だって知って、納得はいったけどそんなことができるのか…と驚いた。この曲がボカロを有名にしたんじゃないかなと何となく考えてる。

 

12. ネトゲ廃人シュプレヒコール/さつき が てんこもり

弟がついこの前歌っていて気になって調べ出した曲。「効率厨」なんて言葉が歌詞に入ってしまうのに驚くけど、ボカロとの親和性が良いからか、全く不自然じゃなくて良い。機械色がすごく強い。とはいえ『初音ミクの激唱』みたいな、普通に考えたら絶対無理な曲ではなく、人間が歌っても不可能ではないながらも、無機質で淡々としたこの世界観はボカロを使うことによって表せるものなのだろうと思う。

 

13. R-18/cosMo@暴走P

これ、すごく好きです。初めてちゃんと聴いたけど。(確かカラオケで友達が歌ってた。)

この爽やかさ。ピアノの美しさ、ドラムの疾走感。歌詞も明るくて、聴いていて楽しい気分になれます。サビ前のピアノのグリッサンドがテンションを上げてくれるし、間奏も素敵。背中を押してくれるような曲。

 

14. IMITATION BLACK/SCL Project (natsuP)

男声もあるんだ…。イントロの琴(かな?)の和風っぽい音が妖艶で好き。昔蛇足さんと誰かが歌ってるのを聴いた事があった気がする。3人で歌う曲なのか。ピアノも綺麗だし、とにかく色気がすごい曲だなという感想。

 

 

という事で、備忘録程度の感想です。

奥深いんだなボカロ。曲の世界観とか歌詞の言葉とか、確かに中学生にウケの良さそうな音楽だなあと思いました。とはいえ、今聴いたって褪せる事は全くないです。

私は結構打ち込みで音楽を作るので、きっとボカロ曲にはヒントがたくさんあるだろうなと思っていたのです。勉強になります…。

 

これからもジャンルにとらわれずにいろんな音楽を聴いていきたいものです。

 

 

JASRACのニュースを見て

久々の更新となってしまいました。

私事ですがレポートやらテストやら忙しくてですね。

それらもひと段落したので戻ってきました!

 

 

さて、先日非常に興味深い記事を見つけました!!

 

 

news.livedoor.com

 

これはライブドアさんのニュースですが、朝日新聞さんなどにも書かれていました。

 

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、

音楽教室での演奏を

著作権料徴収の対象とすることにした」

 

という事です。

ピアノ教室やバイオリン教室など、楽器を習う教室はたくさんあります。

有名なところで言えば、「ヤマハ音楽教室」とか。

そういった「楽器を習う」ための音楽教室で演奏される曲について、著作権料がかかる対象となるようです。

 

 

JASRACは「著作権法」という法律に基づいて方針を定めています。

その中にある「演奏権」が今回のキーポイント!

「演奏権」とは、公衆に聴かせることを目的に楽曲を演奏する権利のこと。

この「演奏権」は作曲者や作詞者が持っていると定められています。

「演奏権」があるため、他人の作った曲を歌ったり使ったり(カラオケとか)することに対して、著作権料が発生し、それをきちんと払うことで著作者に利益が行き届くシステムになるのです。この「演奏権」は創作者を守るための権利です。

 

 

今回の「音楽教室における演奏に著作権料が発生する」という方針の根拠としては、

音楽教室の生徒も「公衆」に当たると考え、先生が指導やアドバイスの一環として生徒に演奏することも「公衆に向けた演奏」と捉える。この演奏に関しても著作権料が及ぶべきである。

という事です。

 

 

 

JASRAC側は著作権料を年間受講料収入の2.5%として、来年の1月から徴収しようとしています。

 

 

 

この記事を見た時、もの凄い違和感を持ちました。

私自身ピアノ教室に通っていたからというのもありますが、これはいくら何でも酷すぎる。理不尽じゃないかと。著作権法を武器にして、音楽教室に対して「揚げ足取り」のような形でこじつけてお金を巻き上げようとしてるのではないかと。

 

 

調べていくうちに、この違和感が何なのか、少しわかってきました。

 

 

JASRACでは、他人の作った楽曲を演奏したり使ったりする時に、著作権料を払わなくても良いケースについて、次のように記しています。

 

次の3つの要件を“すべて満たす”場合、著作権者の許諾を得なくても上演・演奏・上映することができます。

①営利を目的としないこと
②聴衆又は観衆から料金を受けないこと
③実演家に報酬が支払われないこと

なお、この規定は、上演・演奏・上映する場合を対象としています。録音・録画やインターネット配信するときには適用されません。

 

http://www.jasrac.or.jp/copyright/use/index.html

 

著作権法38条から来ています。例えば、文化祭でバンドを組んでミスチルをやろう!となった時に、「ミスチルの曲を使わせてください」とJASRACに許可を得たりはしませんよね。

これは利益を得ることを目的としておらず、実際に演奏したからといってお金を受け取るわけではないからです。

このように、無利益ならば他人の曲を演奏したり使ったりしても問題はありません。

逆に言えば、「他人の楽曲を使用することで利益が発生するならば、著作権料を払わなくてはならない」のです。

 

 

そう考えると、「音楽教室での演奏に対して著作権料を取る」という行為自体には整合性があるように思えてきます。

なぜなら、音楽教室に通う時には必ず月謝を払いますね。音楽教室での演奏行為は利益を生み出すと言えなくはないのです。

 

 

 

 

しかしここで私は異を唱えたい!

 

 

「音楽教室って、

先生の演奏を『聴く』ために通っているのか?」

 

 

おそらく、先生の演奏を聴きたいから音楽教室に通ってる人なんていませんよね。

自分の楽器スキルを上げたいから、先生に教えてもらうために通うのが音楽教室ではないですか?

 

確かに先生も時々、曲を演奏します。でもそれって、生徒に演奏家として演奏を見せたいから弾くのではなく、お手本として弾くのではないですか?

生徒の上達のために、実演して見せることでイメージを掴みやすくするのが目的だと思います。

 

音楽教室の先生は、生徒に教えることによって利益を得るのであって、自分の演奏で稼いでいるわけではありません。JASRACの主張は、音楽教室の「生徒に教える」目的を考慮せず、目的を果たすための手段として行った「演奏」にしか注目していない。少々乱暴な気がする。

著作権料の徴収の対象になるのはおかしい。完全に両者は根本から食い違っているのです。これが違和感の原因でした。

(それに楽譜を購入する時点で著作権料を一部払っているのだから、これ以上徴収する必要なんてないのではと感じます。)

 

 

 

 

 

 この件に関して、

「『音楽教室での著作権料の徴収』が日本の音楽文化を衰退させることになる」

というツイート等も散見されました。

これはおそらく、

著作権料を徴収するために教室の月謝が値上がり

→「楽器を習う」ことが難しくなる人が増える

→音楽教室の閉鎖

音楽文化の衰退・音楽人口の減少

といったところでしょうか。

ただでさえ楽器を習うにはかなりのお金がかかります。

楽器も買わなくてはならないものが多いし、さらに高額な月謝まで…

となると、なかなか厳しいかもしれませんね。

音楽をやりたい人が機会を失うことにつながるという点では、音楽文化の衰退にも繋がるかもしれません。

著作者の権利を守り、音楽を発展させていく機関であるはずのJASRACが、音楽文化の破局を誘発しているとは…皮肉なものです。

 

 

 

 

音楽教室側は、猛反発しています。当たり前です。

今のところ、すべての音楽教室ではなく、限定的に行うようですが、

徴収されるところとされないところの差は何なんでしょう?これも疑問です。

 

 

 

 

音楽に携わっている端くれとして、看過することのできないニュースだと思ったので取り上げてみました。

日本の音楽文化を形作る上で最も重要な機関がこのような発表をすることがとても残念でなりません。

日本の音楽文化が廃れることがありませんように。

 

 

 

明けましておめでとうございます

昨年開設したこのブログ、見てくださる、読んでくださる方がいて、とても嬉しく思っています。いつも、本当にありがとうございます!

これからも音楽について、いろいろ書いていきたいと思っています。

2017年も、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

f:id:shinjumaru:20170102211639j:plain

 

これは今年の私のお年賀イラストです。ペンタブで描いております。

 

酉年という事で、新年1発目に私が聴いた曲は

GO/BUMP OF CHICKEN

でした。この1年間、「とても素晴らしい日」が続きますように!

 

私が選ぶ!2016年音楽総まとめ! 完結編

2016年音楽総まとめ 音楽

さて、ギリギリ完結しました!

今年は42曲紹介してきました!

 

今年は本当に音楽面で充実した1年でした。

特にリリースされたCDが本当に私好みで。

 

「好きなアーティストは何?」と聞かれた時、私はとりあえず5つ挙げます。

BUMP、スピッツAqua TimezNICO Touches the Walls、[Alexandros]

なんと、今年、この5アーティスト全てがアルバムを発表したんです。

奇跡的な1年でした。まるで皆既日食のよう笑

次にこんな奇跡がくるのは何年後になるのでしょうか?

 

そしてライブ。今年は過去最多の参加数でした。

NICO星野源、米津さん、BUMP、sumika、ドロスのワンマン、そしてフェス、全部で17公演も足を運ぶことができました。全て、本当に楽しくて、最高の音楽体験をすることができました!

 

 

また来年も、素晴らしい音楽やライブに出会えますように。

2016年、ありがとうございました!読んでくれた皆様、ありがとうございました!

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

f:id:shinjumaru:20170101010041j:image

私が選ぶ!2016年音楽総まとめ! No.23

2016年音楽総まとめ 音楽

ついに最後です。

2016年、キラキラした思い出に満ちた、忘れたくない日がたくさんありました。

そんな今年の締めの1曲として、この曲を選びました。

 

 

 

宝石になった日 / BUMP OF CHICKEN

 

 


BUMP OF CHICKEN「宝石になった日」

 

2月リリース、『Butterflies』収録。

『アリア』、『アンサー』といった配信シングルもリリースした。彼らの活動は相変わらず精力的だ。アニメ『3月のライオン』ではOP、EDともに担当した。

そして、何といっても、スタジアムツアーBFLYは素晴らしかった。

日産スタジアム、あの広大な会場を2日間埋めてしまうBUMP…。間違いなく日本のトップバンドの仲間入りだ。先日このライブが収録された映像作品も発売された。こちらも要チェック!

 

 

この『宝石になった日』はカルピスウォーターのCMとしても使われた通り、爽やかで疾走感のあるロック。キラキラ感のある音がまさしく「宝石」。

 

歌詞が好きだ。全てを引用したいくらい好き。

「別れのその先」を歌った曲だ。

 

『あの温もりが 何度も聴いた声が 君がいた事が 宝石になった日』

 

「宝石になった日」、ありますか?

 

私にとってはBUMPのライブがその1つなんです。

ナゴヤドームのライブ、初めて遠征をして観に行った。その時、『ファイター』を聴いて、今までにないくらい泣いた。

次の曲が『宝石になった日』だったのだが、あまりにも泣きすぎて一切の記憶がない。

その後、7月の日産スタジアムのライブでしっかり見届ける事が出来たが、今度は『宝石になった日』で涙腺がやられた。

今、この瞬間が『宝石』になるんだと思うと、嬉しくて、かけがえのない気持ちでいっぱいになって、BUMP OF CHICKENというバンドに出会えて本当に良かったと思った。

BFLYで観たライブ、彼らの音楽、MC、そしてPIXMOBで彩られたあの景色は絶対に忘れない。忘れられない。

BUMP、ありがとう。大好き。

 

 

この曲でもう1つ心に響いたところがある。

2番のサビの最後だ。

『振り返らないから 見ていてほしい 強くはないけど 弱くもないから』

そう、今のBUMPはこれなんだ。

進化し続けるBUMPは本当にかっこいい。これからもずっと、進化し続けてほしい。

 

誰に何と言われても、昔の方が良かったと言われても、ずっと前を向いていてほしい。

4人で音楽を届けてほしい。

 

日産スタジアムの時に藤くんは言っていた。

「7万通りの1対1」

いつでも近くにある音楽。それがBUMPだ。

私が選ぶ!2016年音楽総まとめ! No.22

2016年音楽総まとめ 音楽

さて残り2曲!

 

最強のロックバンド!!

 

ムーンソング / [Alexandros]

 

 


[Alexandros] - ムーンソング (MV)

 

『NEW WALL』『Swan』という2枚のシングル、

そして、最強のニューアルバム『EXIST!』をリリース。

さらにTVや各地のフェスに出演し、ただ今絶賛ツアー中という[Alexandros]。

しかも年明けには『SNOW SOUND』というシングルを発売する。

毎年毎年躍進し続けるドロスは本当に最強のロックバンドだ。

 

『EXIST!』の1曲目に収録されている『ムーンソング』。

変化球が多い、というか「これぞ[Alexandros]!」という曲が存在しないバンドなのでなんとも言えないが、1曲目として聴き手にすごく良い印象を与える曲だと思う。とにかく美しい

どこか冷たさのある夜の街を想像させる。『Starrrrrrr』や『city』と共通したイメージを持つ。このひんやりした雰囲気と垣間見えるきらめきは、アコギとピアノの音色によるものだ。1番が終わった瞬間のピアノの美しさは聴く度に息を飲む。ドロスは静かな夜の街が似合う。

ドラムの、『ワタリドリ』や『Starrrrrrr』を彷彿させる大胆なリズムも良い。大胆なのにこの曲の繊細さとマッチしているのが素晴らしい。

磯部さんのコーラスは「Uh」や「Ah」で被ってくるところがとても良い。磯部さんの声の包容力が如何なく発揮されていて美しい。

 

歌詞は「別れ」と「そこからの決意」が描かれている。

川上洋平は、英詞に注目が行きがちだが、日本語の選ぶ方も情景的で美しいと思う。「長月の下」って歌詞が好き。

 

『EXIST!』は今年1番衝撃を受けたアルバムだった。

初め聴いた時は全然わからなくて、ただ「すごい…」と呆然としてしまった。

[Alexandros]って何なんだ?と思ってしまうアルバム。

他のアルバムや曲を聴いた時にも彼らの幅の広さ、技量の凄さは感じていたしわかっていたつもりだったのだけど。それすら覆してくるアルバムだ。

どんなに期待しても良い意味で裏切り、期待の遥か上を行くこのバンド。

私は2年前のCOUNTDOWN JAPANでドロスを初めて聴き、惹かれた。

2年間、彼らは一瞬足りとも目を離す隙を与えなかった。ずっとずっとドキドキさせてくれる[Alexandros]が、本当に大好きだ。

2016年、いつも背中を押してくれた。2017年、どんな音楽を、ライブを、届けてくれるのだろうか。とても楽しみだ!